水筒のひもがすぐ外れる!1分で簡単にできる解決方法

はじめはカチッと固定されていた水筒の肩紐が、しばらく使っているうちにゆるんで外れやすくなってしまった、ということがあるかと思います。

こどものストレスになりますし、肩にかけている時に外れて落ち、水筒が傷だらけになることも。

水筒本体の機能に問題がなくきれいな状態であれば、買い替えるのももったいないですよね。

肩紐のパーツだけ購入するという手もありますが…

こちらでは、おうちで簡単にできる解決方法をご紹介します。

準備するもの

ヘアゴム

解決方法

ご家庭にあるヘアゴムを輪にして、取り付け部分につけるだけです!

① ↓こんな風にヘアゴムで小さい輪を作って

② ↓取り付け部分につけます。

③ ↓あとは、いつものように上から肩紐を取り付けるだけ♪

そんなに目立たないのでおすすめです。水筒と同じ色のゴムを使うと、より目立たないです。

我が家では、この方法で1年ほど、使用中に外れることはありませんでした。

このタイプの肩紐は、使ううちに必ずゆるくなってしまうと思うので、ゆるくなり始めた時は細めのヘアゴムで対処し、それがゆるくなったら少し太いヘアゴムで…というふうにすると、長く使えるかと思います。

ちなみに、輪ゴムをぐるぐる巻いても同様の効果がありますが、洗う時に取り外すのが少し大変でした。

お困りの方はぜひお試しください♪(^^)

水筒本体が傷ついている場合は、ヘアゴムつきのカバーをつけるのもおすすめです。

傷も隠せて、肩紐のゆるみも解決できて、一石二鳥です!

水筒カバー(保冷シート別付け)の作り方

2017.11.20

 

パッキンがゆるんできた…容量が足りなくなってきた…など、買い替えの時期には、こんな水筒もおすすめです。

カバーに肩紐がついているので、肩紐外れに悩むことはないですね!

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です