増える絵本を100均アイテムですっきり収納する方法

気に入ったものを購入したり、人から頂いたりして、絵本ってどんどん増えていきますよね。

どの絵本もステキですし、絵本にはたくさん親しんでほしいと思うのですが…

困るのが、収納場所。

こどもが積極的に手に取ることができる見やすさ“と、”片付けやすさ“を考慮して、収納してみました。

 

使用したもの

100円ショップのファイルボックス

ファイルボックスに収納するメリット
  • 数冊ずつファイルボックスに収納するので、一冊出した時なだれのようにすべて倒れてしまうことがない
  • カテゴリごと分けて収納できるので、お目当ての絵本を探しやすく、しまう場所も明らか
  • 小さいサイズの絵本が他の絵本に埋もれない

 

 

収納場所

見やすく手に取りやすいように、お絵描きなどに使っているこども用テーブルの上に並べました。

カテゴリを、図鑑・幼稚園でもらう月間絵本・おはなし・ミニ絵本・ワーク・図書館で借りたもの に分けました。

それを、マスキングテープに書いて表示しています。絵本は今後もどんどん増えていくことが予想されますが、マスキングテープならきれいにはがせ、変更も簡単です。

片付ける場所が分かりやすくなったので、「図書館で借りた本どこ!?」と返却日になってバタバタするということもなくなりました。

我が家では夜寝る時に絵本を読む習慣があるので、寝室にも同じように置いています。

 

 

実際に使ってみて…

100円ショップのファイルボックスは、やはりお値段が魅力的!

残念だった点は、大きい絵本が入らなかったことです。

100円ショップの中にも、これより大きいサイズがあると思います。

なんでもサイズを確認してから購入すべきですね((+_+))

ニトリと無印良品のファイルボックスのサイズを確認したところ、これより少し大きめでした。すっきり白でまとめることもできますし、そちらも良いなぁと思っています。少しお値段は上がりますが、絵本をしまわなくなった後も教科書の収納・キッチンの収納などに利用できそうです。

 

参考になりましたら幸いです♪(*^-^*)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です