防水調味料ラベルシールの作り方【無料ダウンロードも】

先日IKEAに買い物に行った際、かわいらしい小瓶を発見しました。

『RAJTAN』(ライタン)という商品名のこちら、4つ入りで179円!

ちょうど調味料入れを探していたので、迷わず購入しました。

パッキンはついていませんが、少量なので問題ないのではないかなぁと思います。

調味料はキッチンの引き出しに入れているので、上から見てすぐに中身が分かるよう、ふたにラベルを貼りました。

素敵なラベルシールを購入するのも良いのですが、欲しいサイズがなかったり、欲しい表示名がセットになっていなかったり…ということもありますよね。そんな時は自分で作ってみてはいかかでしょうか♪

 

用意するもの

  • 自宅のプリンターで印刷できるラベルシール

防水のもの、貼った後はがしやすいもの、まるくカットされているもの、透明のもの、クラフト紙など、いろいろなタイプがあります。用途に合うものを探します。

  • パソコンとプリンター
  • はさみ

 

作り方

①ワード、エクセル、パワーポイントなど、使いやすいものを使ってデザインを作成します。これらはテンプレートも豊富で、お好みの文字を入れたり、色を変えたりすることもできます。

エーワンの無料印刷ソフト『ラベル屋さん』もおすすめです。

Webでお好みの無料テンプレートを見つけるのも楽しいですね。

②印刷します。

失敗すると用紙がもったいないので、普通のコピー用紙で試し刷りをしてから、本刷りします。

③カットして完成♪

作るシールが少なかったり小さかったりする場合は、A4サイズの用紙だともったいないですよね。そんな時は、用紙をはがきサイズにカットして使うと、無駄がなくなります。その場合は、パソコンでデザインを作成する時の設定を、はがきサイズにするのをお忘れなく。

今回は、キッチンで使うものなので、”水に強いタイプ”のラベルシールを使用しました。

 

私が作ったもので良ければ、ご自由にダウンロードし、印刷してご利用くださいませ。

シールひとつの大きさは、直径1.9cmです。

*用紙のサイズ設定は、「はがき(100×148mm)」

上のダウンロードボタンをクリックしてPDFが表示されたあと、右クリック→「印刷」をクリックで印刷できます。

 

見やすい調味料ラベルで、お料理がもっと楽しくなりますように♪

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です