補助便座は必要?いつまで使う?おすすめの補助便座はこれ!

トイレトレーニングを始めようとする時、補助便座が必要かどうか?用意するならどういった物が良いのか?…と、いろいろ迷いますよね。

必要性・使用期間を踏まえ、おすすめの補助便座をご紹介します。

 

補助便座は必要?

結論から言うと、必ず用意しなくてはならない物ではありません。

ただ、あるととても便利です!

理由を3つにまとめます。

理由① こどもが座りやすい

大人用の便座にそのまま座ると、おしりが落ちてしまう可能性があります。

補助便座があれば安定して座っていられるのでこどもが安心でき、トイレトレーニングを進めやすくなります。安定しないところでは、用を足しにくいですよね。

理由② 親が楽♪

補助便座を用意しないのであれば、慣れるまでは親が支えてあげる必要があります。

すぐにトイレトレーニングが終われば問題ないのですが…

はじめのうちは、トイレに行っても緊張などからすぐに出ない子も多いです。その間、ずっと支えているのはけっこう大変だと思います。

理由③ 達成感を味わうことができる

「ひとりでできた!」という達成感を味わうことができます。また、はじめはトイレに行っても出ないことがあるかもしれませんが、「トイレに座れた」ということをほめてあげられます。

 

こどもも親も楽なので、用意しておくのがおすすめです。ストレスなくトレーニングを進められるのがいちばん!

 

いつまで使う?

これは、こどもによってかなり差がありますが、3歳前後で使わなくなったという話をよく聞きます。

体が小さかったり、こどもが好んで使ったり、という場合には、長く使うことになります。

反対に、体が大きかったり、大人と同じがいいと言ったりする場合には、数回しか使わなかった、ということも。

使わなくなるきっかけとしては、上記の

  • 体が大きい
  • 大人と同じようにしたい

ということの他に、

  • 一人で行くようになると、設置するのをこどもが面倒臭がる
  • 便座がウォシュレットなどで温かい場合、冬になると冷たい補助便座を嫌がる

などがあります。

ちなみに我が家の場合は、上の子は2ヶ月ほどで設置を面倒臭がるようになりました。下の子は、好きな色の補助便座だったためかすごく気に入っていました。しかし、5ヶ月ほど経った頃に季節が冬になり、冷たいのが嫌で使わなくなりました。便座シートをつけても、冷たい部分に脚が当たって嫌がりました。

 

おすすめの補助便座

たくさんの補助便座が販売されていますが、大きくは

  • 前に持ち手がついていてまたぐタイプ
  • 大人と同じように足を閉じて座るタイプ

の2種類です。

またぐタイプ

メリット:持ち手があることで力みやすい、好きなキャラクターのものを使うことでこどものやる気を引き出せる

デメリット:ズボンやスカート・パンツを全て脱がなければいけない

 

足を閉じて座るタイプ

メリット:服をひざまで下げれば用を足せる、親が座らせやすい

デメリット:ものによっては持ち手がない。

 

それぞれの親子にとって、それぞれに合ったものがあると思います。

私は、全て脱がせるのがとても面倒に感じました。こどもはギリギリまで我慢して「トイレ!」ということもあるので、特に長ズボンやレギンスなどを履く冬場はバタバタします。

と、いうことで、おすすめは足を閉じて座るタイプです!

自宅や友人宅などで実際に使ってみて良かったものを、いくつかご紹介します。

 

リッチェル ポッティス

カトージ ソフト補助便座

ディズニープリンセス 補助便座

リッチェル ソフト補助便座

 

選ぶ際には、こどもや親の好み・掃除のしやすさの他、「サイズが合わない!」ということにならないようご自宅の便座のサイズをしっかり確認してくださいね。

 

トイレトレーニングを3日で終了した方法を、下↓でまとめています。よかったらご覧になってみてください。

3日でトイレトレーニングを完了した方法「いつからどう始める!?」

2017.10.17

楽しくトイレトレーニングをすすめられますように♪(^^)

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です