詳しく解説!ファスナー付きクッションカバーの作り方(43cm×43cm)

お気に入りの生地とお好みのヌードクッションを合わせて、インテリアにぴったりで、使い心地のいいクッションを作ってみてはいかがでしょうか♪ 愛着がわいて、おうち時間がより楽しくなるはず!

直線縫いしかしないので、簡単に作れます。

おすすめのヌードクッションは、無印良品の羽根クッション(^^) 沈み込むカンジが気持ちいいです! お子さんのいらっしゃるご家庭では、洗えるクッションも良いですね。

 

洋裁に慣れていない方にも分かりやすいように、詳しく作り方をご紹介します。

下記とまったく同じサイズのヌードクッションやファスナーでなくても、調整すれば大丈夫です。

 

準備するもの

  • ヌードクッション 43cm×43cm
  • 生地 縦46cm×横46cmを2枚

オックス生地など、しっかりしていて縫いやすい生地がおすすめです。

  • ファスナー 40cm

 

  • ミシン
  • 生地に合った色のミシン糸
  • チャコペン
  • 定規
  • はさみ
  • マチ針
  • アイロン

 

作り方

生地を裁断します

①生地の裏側に、46cm×46cmの裁断線を書きます。

②その内側1.5cmに縫い代線を書きます。

③46cmの裁断線に沿って裁断します。

これを2枚用意します。

端処理を行います

生地がほつれるのを防ぐため、4辺全てにジグザグミシンをかけます。

2枚とも同様に行います。

2枚の生地を合わせて縫っていきます

①2枚を中表に合わせて(表同士を合わせて)、ファスナー取り付け位置の両端1.5cmを縫います。

マチ針で止めてから縫い、縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

この時、生地の柄に注意! 上下の間違いや、傾きのないよう気を付けます。

 

②縫ったところの1辺を、縫い代線に沿ってそれぞれ外側に折り、アイロンをかけます。

③取り付け位置を確認しながらファスナーを置き、マチ針で止めます。

スライダーが表に出るようにします。

表から見るとこのようになります。↓

④マチ針をはずしながら、ファスナーを縫い付けます。

下図の黄色い〇の部分は、しっかり返し縫いをします。

スライダーに当たりそうになったら、ファスナーを開けたり閉めたりしてスライダーをよけます。

ファスナーを開けて2枚の生地を中表に合わせます。マチ針で止めてから、残りの3辺を縫い合わせます。

この時、必ずファスナーを開けてください! 閉めたまま縫い合わせると、表に返せなくなります(*_*)

ファスナー部分は、縫い代線で外側に折っておきます。

縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

⑦表に返してできあがり♪ 角の部分は、きりなどを使うときれいに返せます。

おつかれさまでした!(*^-^*)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です