厚紙での箱の作り方

いろいろなお店を探しても、欲しいサイズの箱がなかなか見つからないこと、ありますよね。

そんな時は、お好みのサイズの箱を自分で作ってみてはいかがでしょうか。

こちらでは、厚紙での箱の作り方をご紹介します。

一度作ると、きっといろいろな箱をぴったりサイズで作りたくなると思います!

 

用意するもの

  • 厚紙

2mmくらいの厚みがあると、しっかりしたものができます。

色は白とグレーがあり、大きさも数種類あります。

  • 定規

プラスチック製だと定規を傷つけてしまうので、ステンレス製をおすすめします。100円ショップでも購入可。

  • カッター
  • カッターマット(他のもので代用可)
  • 木工用ボンド

おすすめの接着剤はこちら。速乾性で細口ノズルなので、細かい作業に便利です!

 

作り方

①厚紙を裁断します。底×1枚、長い側面×2枚、短い側面×2枚のパーツが必要になります。

パーツのサイズは、厚紙の厚みを考慮します。

↓下の画像は、箱を底面から見たものです。

  • 底:縦の長さも横の長さも、作りたい寸法から厚紙の厚み分を引きます。2mmの厚紙を使う場合、両サイド分の4mm、短くします。これを1枚。
  • 長い側面:横の長さは、厚紙の厚み分を引きます。高さは作りたい寸法そのままです。これを2枚。
  • 短い側面:横の長さも高さも、作りたい寸法そのままです。これを2枚。
厚紙を裁断する時のポイント

  • ずれないように定規をしっかり押さえ、厚紙に対して直角にカッターを入れます。立って作業すると、力を入れやすいです。
  • 厚紙を一発で裁断することはできません。少しずつ繊維を切っていくような感覚で、スーッと何度も切ると、きれいに裁断できます。

②底の長辺の断面にボンドをつけ、長い側面を貼ります。グラグラしますが、次の工程で安定するのでご心配なく。

ボンドを使う時は、テーブルが汚れないように紙などを敷きたくなるかもしれませんが、そうすると、下に敷いた紙と箱がくっつき、はがそうとする時に箱の表面がやぶれることがあります。
つるつるしたテーブルやランチョンマットなどの上で行えば、箱がきれいに仕上がりますし、下についたボンドは拭けばすぐきれいになります。

③コの字になった厚紙断面にボンドをつけ、短い側面を貼ります。

箱の内側から指で押さえると、外側から見た時に角がデコボコしません。

④なくても大丈夫ですが、箱の接続面に水張りテープを貼ると補強できます。

完成です♪

 

そのまま使っても良し、布やリメイクシートなどを貼っても良し。お好みでアレンジしてみてください♪(^^)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です