簡単♪こども用マスクの作り方(折って2回縫うだけ!)

折って2ヵ所縫うだけの、簡単なマスクの作り方をご紹介します。

サイドから見てもガーゼの端が見えないよう、きれいに仕上げる方法です♪

 

用意するもの

  • ダブルガーゼ

他の生地でも作れないことはありませんが、つけていて息苦しくならないよう、やはりダブルガーゼがおすすめです。

必要なサイズ 横:作りたいサイズの3倍

縦:作りたいサイズの2倍

一概に「こども」と言っても、顔の大きさの違いや、お好みの大きさがあるかと思うので、切った紙や余り布を一度顔に当ててからサイズを決定するのが良いかと思います。

参考までに、セリアで購入した幼児用マスクは、横10.5cm×縦8.5cmでした。これで、身長90cmの娘にはぴったり。身長110cmの息子には若干小さいです。

また、必ず行わなければならないわけではありませんが、生地は裁断前に水通ししておくと、洗濯の際も安心です。

生地を水通し、地直しする方法(行わなかったらどうなるかも実験!)

2018.01.16
  • マスク用ゴム

手芸用品店の他、100円ショップでも購入可能。

  • アイロン、ミシン、糸、はさみ、チャコペン、マチ針 など。

 

作り方

①上記のサイズ通り、ガーゼを裁断します。

②両サイドを1cm折り、アイロンをかけます。

③横半分のラインまで、上下を折ります。

この時の縦の長さが、できあがりサイズになります。作りたいサイズになっていることを定規で確認して、アイロンをかけます。

④1cmずつずらして、両側を折りたたみます。

この時の大きさが、できあがりサイズになります。作りたいサイズになっていることを定規で確認して、アイロンをかけます。

⑤端から1.5cmのところを直線に縫います。ミシンの場合はしっかり返し縫いをします。

ミシンの「返し縫い」とは? やり方は?

2017.10.28

⑥両サイドにゴムを通して結び、結び目はマスクの内側に隠します。

できあがりです♪

 

刺繍や小さいワッペン、スタンプなどで目印をつけると、表面が分かりやすいです。幼稚園や保育園につけて行く場合は、裏面に小さく名前を書いても良いと思います。

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です