はさみはいつから?選び方は?正しい持ち方と練習方法は?

2歳くらいになると、大人がはさみを使っているのを見て、自分も使いたがるようになります。

危ないのでは!?もう持たせて大丈夫!?と心配になりますが、大事なポイントさえ伝えれば、意外と上手に使います。

手先の作業は、脳に良い刺激を与えますし、集中力が養われます。

正しい使い方で、楽しく使うために、はさみの選び方や練習方法をチェックしておきましょう。

 

いつから持たせればいい?

心身の発達に差があるので、この時期に始めるべき!というものはありません。しかし、はさみは危ない面もあることを理解し、話を聞いてある程度落ち着いて取り組むことができる、という面から見て、2~3歳で始めるのが良いと思います。

また、こどもがはさみに興味を持った時期というのも大事なポイント。何事においてもそうですが、興味を持った時期がいちばんの伸び時です!

我が家では、上の子は2歳5ヶ月から使い始め、下の子は2歳になってすぐ使い始めました。上の子が使っているのを日々見ているので、興味がわくのも早かったようです。

 

はさみの選び方

大人用のはさみでは、持ち手も刃も長すぎて使いづらいので、こども用のはさみを用意してあげましょう。

“こども用”といってもいろいろなタイプがありますので、おすすめのはさみをご紹介します。

↑刃の部分がプラスチックになっているものは、指などを切ってしまう心配がなく安全ですね。

しかし、紙もスムーズに切れません。切ることが楽しくなくなるので、あまりおすすめしません。

↑おすすめは、よく切れるはさみ。切ることが楽しくなります。

刃先がまるくなっていると、誤って刃先に触れても怪我をしにくいです。

 

練習方法

約束事を伝える

はさみは危ない面も多いです。渡す時には約束事を伝えて、安全に使用できるようにしましょう。

以下のようなことを伝えると良いと思います。

  • 椅子に座って使う
  • 刃先を自分や他の人に向けない
  • 紙以外のものを切らない
  • 転んだ時に危険なので、持って歩かない
  • 使い終えたら必ずしまう

はじめのうちは、使う時以外はこどもの手の届かない高いところに置いておきましょう。幼稚園児でも服や髪の毛を切ってしまうことがあるので、何が起こるか分かりません。

実践!

そばについて、持ち方や切り方を伝えます。

“正しい持ち方”を知らない方も意外と多いのではないでしょうか。

小さい輪に親指を入れて、大きい輪の前に人差し指を添えるのが、正しい持ち方です。

しかし、手が小さいうちは難しいので、大きい輪に人差し指も入れると持ちやすいようです。

紙を反対の手でしっかり持ち、胸の前で切ります。

はじめは、幅1cm程度の細長い紙を切ってみると良いでしょう。パチンと1回刃を閉じて切ってみることで、はさみの基本的な使い方を身につけるとともに、「できた!」という達成感も味わえます。紙はどのようなものでも構いませんが、画用紙くらいの厚さがあると、持つときにペラペラせず安定します。

慣れるまでは、はさみと紙を水平にする子も多いです。垂直になるようにサポートしましょう。

これができるようになったら、

  • 少しずつ切る距離を伸ばして、グーパーグーパーと連続で切る
  • 線に沿って切る
  • 紙の方向を変えて角を切る
  • 紙を回しながらはさみを閉じ、カーブを切る

というように練習し、はさみを自由に扱えるようにします。

気を付けたいこと

慣れない手つきを見ていると、「危ない!」とハラハラしたり、「それじゃ切れない!」とヤキモキしたりしますが、なるべく口を出さずに見守りましょう。反対に、うまくできたところや少しの進歩をほめてあげるようにすると、やる気がアップし、上達も早いです。そのうち上手に使えるようになるので、焦る必要はありません。

マナーも知る

こどもにはさみを渡す時、使い終えて受け取る時、刃の部分を持って相手に渡すというマナーも一緒に身につけられるといいですね。はさみの刃が危ないということを再認識できますし、相手の気持ちを考える事にもつながります。

切った後も楽しむ

チョキチョキ切るだけでももちろん楽しいですが、切ったものを画用紙やコピー用紙などに貼るのもおすすめです♪

「いっぱい貼れた!」とか、「この形、ちょうちょみたいだね!」と喜び、満足感や達成感があります。

のりの用途や使い方も、遊びながら知ることができます。

 

工作をたくさん楽しんでくださいね♪(*^-^*)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です