こどもと作る壁面装飾【6月/梅雨】

こども達と一緒に、梅雨時の壁面装飾を作りました。

一緒に作ることで、こどもはより季節を感じることができます。また、親子で一緒に行う製作は、楽しい体験として記憶に残ってくれると思います♪

幼稚園や保育園などの施設にも応用可能。参考になれば幸いです。

 

〈てるてるぼうず〉と〈立体しずく〉のガーランド

てるてるぼうず

①障子紙をお好みの大きさに切ります。今回は四角く切りましたが、丸く切ると裾のラインがきれいになります。

障子紙は100円ショップでも購入できます。

この時点で頭のてっぺんに穴をあけてひもなどを通しておくと、できあがりの見た目がきれいになります。

②ティッシュペーパーや障子紙の切れ端などを丸くまとめて①の障子紙で包み、ワイヤータイやモール・輪ゴムなどでとめます。

③絵の具を水で溶き、てるてるぼうずの裾に染み込ませます。

④乾いたら、目や口をつけて完成です♪ 今回は丸いタックシールを使用しました。

 

立体しずく

①画用紙を、お好みの形に4枚カットします。色を変えてもかわいいです。

②4枚とも縦半分に折ります。

③画像のように、貼り付けていきます。

④最後の1枚をつける前に、吊り下げ用のひもなどをつけます。

⑤最後の1枚を貼ったら完成です♪

 

あじさい

①お花紙を7枚重ねて、じゃばら折りにします。

お花紙は100円ショップで購入できます。

②中心をホッチキスでとめ、先端を丸くカットします。

③ホッチキスでとめた部分を軸にして両側を扇状に開き、破れないように内側から1枚ずつ立ち上げていきます。

(通常のお花の作り方です。)

全て立ち上げたら完成です♪ 少しカットしただけで、できあがりのイメージがずいぶん変わりました☆

葉っぱをつけて飾ってください(^^)

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です