こどもとディズニーランド♪必ずおさえておくべきポイント

基本情報から、楽しみ方、持ち物まで、こどもとディズニーランドに遊びに行く前に、ぜひ知っておいていただきたいポイントをご紹介します。

赤ちゃんから未就学児を対象としています。(情報は、2017.11現在のものです。)

 

基本情報

1dayパスポート料金

  • 大人 7,400円
  • 小人 4,800円

4歳から料金がかかります。

入園券や乗り物券などと、分かれているチケットはありません。入園にはパスポートが必要です。

オンラインで購入できる、ディズニーeチケットを事前に購入しておくと、当日窓口に並ばず入園できます。さらに、日付を指定して購入すれば、混雑して入園制限が実施された際にも入園できる保証がついています。入園制限が実施された場合、日付指定券がないと、制限が解除されるまで入園することができません。

開園時間

日によって異なりますので、公式サイトで事前にチェックしておく必要があります。

ガイドマップ

入園口(キャストのうしろ)に置いてあります。入園したらもらっておきましょう。

“Today”冊子には、パレードやショーのタイムスケジュールの他、その時期限定のお土産やフードメニューが紹介されています。

 

ベビーカーレンタル

メインエントランスを入って右端の窓口で、B型ベビーカーをレンタルできます。1日1,000円です。

ディズニーランドならではの、かわいらしいベビーカーです。

コインロッカー

メインエントランス周辺に設置されています。料金は、サイズによって300円~700円。

夕方以降のお土産屋さんは、歩くのも大変なくらい混雑することも。ベビーカーを押しながらなんて入れません。すいている時間にゆっくり購入して、量が多い場合はコインロッカーに入れておくと便利です。

ベビールーム

パーク内に2ヵ所あります。

おむつ交換、授乳、赤ちゃんの食事ができます。ミルク用のお湯を頂くことができ、電子レンジも用意されています。紙おむつ、粉ミルク、ベビーフードなどの購入もできます。

 

※トゥーンタウン・ベビーセンターが利用できるのは、パーク開園1時間後から閉園1時間前までです。

おむつ交換台

すべての女性用トイレと一部の男性用トイレに設置されています。

迷子シール

いざという時のためにつけておくと安心です。連絡先の上からシールを重ねられます。

 

以下の場所で受け取れます。

  • 迷子センター
  • メインストリート・ハウス
  • ベビーカー&車イスレンタル
  • ベビーセンターとトゥーンタウン・ベビーセンター

もしも迷子になってしまったら、すぐに近くのキャストに声を掛けましょう。放送ではなく、キャスト間で連絡を取り合って探してくれます。

お誕生日の子・初めてパークへ遊びに行った子は

近くのキャストに声を掛けると、シールに名前を書き入れてくれます。記念にぜひもらっておきましょう♪

 

楽しみ方

アトラクションを楽しむ

こどもも楽しめる?

ディズニーランドには、ママやパパのひざの上で楽しめるアトラクションもたくさんありますが、しっかり一人で座っていられるようになると、乗れるものがぐっと増えます。

身長制限等に関しては、公式サイトで確認できます。「補助なしで座れることが必要」というものに関しては、安全バーもあるので乗り物が動いている途中でひざの上に移動したりする事ができません。座ることはできるけど泣いて大変そう…という場合には、無理をしない方が良いかもしれません。

待ち時間を手元でチェック!

当日の待ち時間を、公式モバイルサイトで確認できます。広い園内を歩いて確認しに行く必要がないので、とてもありがたいです。(位置情報を送信する必要があります。)

ただし、開園後間もない時間帯や、パレード終了後は、一気に列が伸びるので、目安くらいに見た方が良いです。

ファストパスを活用!

小さなこどもと一緒に列に並ぶのは、30分でも大変ですよね。ファストパスを上手に活用しましょう。

人気のアトラクションは、早い時間に発券が終了してしまいます。1枚でも多く取るのが目的なら人気のものから効率よく取っていくべきですが、「こどもが眠くなるので早い時間にこのアトラクションを利用したい」とか、「必ず観たいパレードと時間が重ならないように」とか、自分たちに合ったプランで取っていくと良いでしょう。

現在どの時間帯の分を発券しているのかは、こちらも公式モバイルサイトで確認できます。

開園間もない時間帯は、ファストパスを発券するのにも並びます。我が家では、入園したらまずファストパス発券に並ぶ担当と、最初に乗りたいアトラクションに並ぶ担当とで、主人と私で分担しています。

ファストパスとは?

あらかじめ、アトラクション入場口付近にある発券機に、当日のパスポートを差し込んで発券します。券に記載された指定時間内にアトラクションに戻ると、通常より短い待ち時間でアトラクションを利用できるシステム。発券は無料。いくつかの人気アトラクションで導入されています。

  • 発券には全員分のパスポートが必要。
  • 次の発券可能時間は、発券されたファストパスに記載されています。(通常2時間)
  • 早い時間帯の分から発券。9:00~10:00の分がなくなったら9:05~10:05の分という形で進んでいきます。現在どの時間帯の分を発券しているのかは、発券所の上のタイムボードで確認できます。

パレードやショーを楽しむ

観たいパレードやショーがある場合は、その時間をチェックしておきます。席に座るために抽選があるショーもありますので、パーク内の抽選場所かスマホアプリで抽選を行いましょう。

キャラクターに会いに行く

パーク内3ヶ所で、キャラクターと一緒に写真の撮れるキャラクターグリーティングが行われています。”メインエントランス”(キャラクターは当日のお楽しみ)は実施時間が決まっているので、早めに並ぶ必要があります。”ウッドチャック・グリーティングトレイル”(ドナルド・デイジー)と”ミッキーの家”(ミッキー)は、並べば会えますが、指定地点からは全員そろって並ぶ必要があります。こちらも、待ち時間が公式モバイルサイトで確認できます。

身体を動かす

乗り物があまり好きでない子や、キャラクターを見てこわがる子もいますよね。

ディズニーランドには、そんな子におすすめなスポットもあります!

大人だけで遊びに行くときには利用されない方が多いと思いますが、小さなこどもにとっては楽しいスポットです♪(歩くことができる子向けです。)

  • トゥーンタウン

“ミッキーの家”や”ミニーの家”は基本的に列に並ばなければいけませんが、”ドナルドのボート”、”チップとデールのツリーハウス”は自由に出入りできます。”ドナルドのボート”のすべり台を滑ったり、”チップとデールのツリーハウス”の階段を上り下りしたり、こどもにとっては探検気分です。

トゥーンタウンを入って右側にキャラクターの家々があり、左側には、しゃべるポストなどがあります。ディズニーの世界感が楽しく、写真を撮るのにもおすすめです。

  • スイスファミリー・ツリーハウス

階段を上り下りしながら、大きな木の家を探索するアトラクション。上の方まで行くと、シンデレラ城がきれいに見えます。

  • トムソーヤ島いかだ

いかだに乗って河を渡り、トムソーヤ島に上陸します。洞窟や橋、インディアンのテントなどがあります。

こちらのアトラクションの営業は日没までですので、予定している場合は早めに楽しみましょう。

食事を楽しむ

パーク内には、レストランやカフェ、フードワゴンなど、見た目もかわいらしくておいしいメニューがたくさんあります。

しっかり食べたい時のおすすめは、クリスタルパレス・レストラン。ブッフェスタイルなので、親もこどもも好きなものを好きなだけ食べられます。3歳以下は無料なので、小さい子は得した気分になるかも?

 

ただ、注意したいことが一点あります。上記のクリスタルパレス・レストランをはじめ、いくつかのレストランでは事前予約の制度(プライオリティ・シーティング)があり、並んでの利用ができないこともあります。行きたいレストランがある場合には、事前に利用方法をチェックしておきましょう。

 

パークには何時に行けばいい?

混雑している日には、午前中にほとんどのファストパスが発券終了します。ファストパスを何枚取れるかで1日の過ごし方がかなり変わってきますので、ファストパス対象のアトラクションに乗りたい場合は、早めに行くにこしたことはありません。

アトラクションはそんなに乗らずのんびり過ごす、という場合には、ゆっくりでも良いでしょう。

 

持ち物

  • いつものお出掛けグッズ
  • デジタルカメラやビデオカメラ
  • シート

パレードを観る場合はあった方が良いです。「席取りをするほどではない」という場合も、直前にあいている場所があれば座れる場所を案内してくれます。

  • 小さめのカバン

こどもの着替えなど、持ち物がたくさんありますよね。アトラクションを利用する際にそれを全部持ち運ぶのは大変なので、小さいカバンに貴重品などを入れて持ち歩き、大きいものはベビーカーに置いておくと楽です。

  • 暑い時期であれば、帽子などの日よけ、冷感グッズなど
  • 寒い時期であれば、はおりもの、ブランケット、カイロなど

朝から夜までいると、気温差が大きいです。また、日が出たり隠れたりするだけでも体感温度がかなり違います。屋外で過ごす時間の長いディズニーランドでは、衣服の調節が必須です。ママやパパの分も忘れずに!

服は、”べビ-マイン”、”タウンセンターファッション”などのお店で購入する事もできます。

 

ディズニー仮装

大人が仮装しても良いとされているのはハロウィンの時期だけですが、こどもは1年を通してディズニーキャラクターの仮装ができます。こどもの仮装はすごくかわいいので、ママの負担でなければ楽しんでみてもいいかもしれません。

女の子であれば、プリンセスに変身できる”ビビディ・バビディ・ブティック”もあります。

 

こどもの体調を第一に考えながら、ママ・パパもたくさん楽しんでくださいね♪(*^-^*)

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です